家計相談受付中

8月までにあと10万円を貯める方法

girl-3316342_1920 (1).jpg

年が明けて、節分が終わって、おひな祭りが終わって、気づいたら夏休みまであと半年を切っていますね。夏休みはオリンピックを見に行く方もたくさんいらっしゃるでしょう。私はまだチケットを入手できていませんが・・・。

そんな盛りだくさんな8月を余裕で過ごすために、今年は8月までに、あと10万円貯めていきませんか?

目次

10万円、どうやって貯める?期間から逆算してみよう

今が3月なので、あと5か月、20週あると考えてみましょう。

1か月で2万円

1週間で5000円

1か月で2万円は大きいな、という人は、一週間に5000円と考えてみましょう。1週間に5000円は、平日1日1000円です。では、実際このお金をどうやって作っていきましょうか。

1か月2万円モデルプラン

  • サブスク削減→月7000円
  • 外食削減→月5000円(5000円✕1回)
  • コンビニコーヒー削減→月3000円(150円✕20日)
  • ペットボトル削減→月3000円(150円✕20日)
  • お菓子削減→月2000円(100円✕20日)

ざっとですが、こんな節約の仕方があると思います。

今回は、「サブスク」に注目してみようと思います。

サブスク削減で月7000円を貯金に!

「サブスク」とは?

サブスクリプションサービスのことで、最近よくある、月々いくらで使い放題の定額サービスのことを言います。特におなじみなのは、ネット関連のエンターテイメントではないでしょうか。こういった定額サービスの困ったところは、最初2週間などは無料なのですが、その後使わなくなったのに課金されてるのを忘れてしまうことですよね。

中でも、バッグや洋服レンタルなど高額で、お店とコミュニケーションのあるものはいいのですが、ネット動画など、こちらがログインしないと使えないものは、契約しているのを忘れてしまうことがありませんか?こういったものを掘り起こして解約していくと、意外と節約になったりします。

動画配信、音楽、携帯キャリアのオプションサービスをチェック

重複していそうなサービスとして真っ先に考え直したいのが、動画配信と音楽と、携帯電話会社のオプションサービスですね。使っていればいいんですよ!ですが、重複して契約していたりすることもありますし、もしあなたが節約したい、と思っているなら、「娯楽」であり、生活するに不可欠でないジャンルの出費と思われるものは、しばらく節制することも必要でしょう。

◎映像配信

Hulu 1026円(税込)/月

Netflix 800円(税抜)/月

U-next 1990円(税抜)/月

Amazonプライム 500円(税込)/月

TsutayaDiscas 2417円(税抜)/月

このシリーズはHuluにはあるけどNetflixにはなくて、あっちのシリーズは逆、どっちを残せばいいの?ということもありますよね。わりと重複しているサービスがあるので、一つに絞ってみて必要になったらまた入会すればいいかもしれません。

我が家の場合ですが、Amazonはプライム会員の特典がとても重宝しているのでAmazonプライムを使っています。

HuluとNetflixを解約してAmazonを残した→月1906円の節約に。

また、NHKオンデマンドやニコニコ動画など、単品でも購入できるものは、その都度購入した方が浪費せずにすむ場合もありますよ。

◎音楽

Apple Music 980円

Spotify 980円

LINE Music 980円(学割480円)

当初無料だから登録して、そのまま使っていることないですか?一つに絞りましょう。

3つとも課金2940円/月→一つに絞る980円/月

◎雑誌、マンガ

dマガジン 440円(税込)

Kindle Unlimited 980円(税込)

楽天マガジン 418円(税込)

コミックシーモア 780円(税込)

こちらも無料登録で登録しっぱなしの可能性が高いのはdマガジン、楽天マガジン、Kindle Unlimited。この三つを解約し、コミックだけにした場合は

1838円の節約。

◎その他

Yahooプレミアム 462円(税抜)/月

クックパッドプレミアム280円(税抜)

マネーフォワードプレミアム500円(税抜)

などなど

ヤフープレミアム、どこのカテゴリーに入れようか迷って、こちらへ。ソフトバンクユーザーは無料でYahooプレミアム特典が受けられますが、ソフトバンクを解約してそのままにしていると、請求が再開されてしまうようです。実は私も最近解約しました。

マネーフォワードプレミアムは、以前のデータがグラフで表示される、口座残高一括取得ができる、という特典があり、入っていますが、無料プランでも過去データが消えることはないとのことで、過去データが見たいときだけプレミアムプランに加入すれば、データ閲覧制限が解除されます。(今後変わる可能性もあります。)

3つとも解約1242円→0円

今まで解約したものを足してみると、月6946円にもなりました!

☆有料アプリでiPhoneから登録してしまっているものは、

設定→Apple ID→サブスクリプションから、解約することができます。意外に簡単☆

そもそもサブスク必要か考えよう

映像も、雑誌も、本当に便利です。

しかし、本当にそのサービス、必要でしょうか?そんなに雑誌を買って読む?そんなにDVD借りる?サブスクがなければ借りないのではないでしょうか。

もちろん、サブスクのおかげで日常が楽しく、新しい発見ができる、それは素晴らしいこと。

ですが、節約しなければいけない、という日常であるならば、サブスクこそ贅沢品ですよね。

全ての娯楽を封印してるから、Huluは許して!という人は、どうぞ続けてください。

それも、自分軸ですよね。自分はコレが好き!というものは外さずに、それ以外は削っていこう、そうすることでお金の使い方が洗練されてくるでしょう。

サブスクの見直しで、自分軸を考え直すいい機会になりそうです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる