家計相談受付中

月の支払10万以上、私の脱クレカ、デビットカード移行記

毎月10万円以上クレジット請求が来ていた私が意を決してデビットカードに変更して良かったことをまとめました。

結論、良かったことしかありません。本当におすすめです。

目次

毎月10万円以上クレジット請求が来ていた頃のこと。

我が家ではマイルを貯めるためにダイナースのクレジットカードでほぼ全てを決済していました。どうせ払うので、マイルが貯まるカード決済を、当たり前にしていました。

何をそんなにクレジットカード払いにしていたかというと、

電気ガス水道、電話、保険料といった固定費のほかに、ガソリン、アマゾン、レジャー、食費、クレジットで買えるものはほぼ全てでしたので、10万では収まらない月がほとんどでした。

我が家の家計イベントスケジュールは、こんな感じ

20日 給料

27日 住宅ローン、車ローン支払

10日 ダイナース支払

給料日にいろいろな口座に給料振り分けを行うのですが、カード支払額をチェックしていくらをとっておくか考えて生活費口座へ振替えます。

10日のダイナース支払の頃は、結構カツカツになってしまい、給料日まで少し落ち着かない日々を暮らすこととなっていました。

そんなこんなで支払のことがいつも頭から離れない嫌な感じの毎月でした。

しかし、無駄遣いではなく、生活費で使っているのだからいいのだ、と言い訳をして我慢していました。

でもやはり、先に使って後で払う生活をなんとかしたいと思い出したところ、デビットカードが使えることをようやく学ぶのです。存在自体はうっすら知っていましたが、それを使う発想がありませんでした。

しかし、口座残高が足りなくなったらどうしようかという不安から、なかなかクレジットをやめるきっかけができず、ずるずるとクレカを使っていました。

とうとう脱クレジットに踏み切るきっかけとなったのは、マイレージプログラムの改悪でした。年間にマイルに交換できるポイントの上限が低くなり、マイルへの交換があまりできなくなったのです。

こんな、勝手に制度変更されるようなものに支配される生活は嫌だ(大げさ)と思ったのと、我が家は5人家族なので、5人分マイルでチケットを取得するのもなかなか大変なので、マイルを貯める情熱が一気に冷めたというのもあります。

そして、ようやくデビットカードを申し込むに至りました。

今までデビットカードを使わなかった理由

・口座残高があるか不安

・ポイントを貯めたいから(ポイントつかないと思っていた)

この2点が大きかったです。

しかし1番目の口座残高が不安というポイントは、今まで

「口座残高を気にせずにカードを切って買い物をする習性」

口座残高がなくてもカードで買って、「来月払えばいいという思考」

この二つの怠けた思考が頭にこびりついていたといえます。

これらをきっぱりやめた、やめるよう仕組みを変えたことで解決することができました。

(2番目のポイントについては、楽天銀行のデビットカードなら、1%と、楽天カードと同じポイント還元率だということがわかり、解決しました。)

口座残高を気にするのが嫌だという習性

この習性を直すのは、やはり手元にあるお金で暮らす、という当たり前に立ち返ることが大事です。ないものは使えないのに、それを可能にしてしまうのがクレジットカードなんですね。なので、クレジットカードを使わない、というルールを作りました。

まだ固定費はクレジットカードなのですが、生活費、ネットショッピングは全てデビットカードに変えました。

来月払えばいいという思考

これは、来月も普通に暮らせる、今月と同じ収入が安定して入ってくると信じて疑わないからこそ出てくる、安易な思考です。入ってきても支払で消えてしまうほどむなしいことはなく、入ってきた給料をありがたく使えるようになりたいと純粋に思うようになりました。

クレジットを辞めたいと思っている人には、ぜひ自分を振り返って欲しいです。あなたの収入は来月も保障されていますか?

買うことに対する意識の変化

クレジットカードを平気で使っていた頃は、欲しいものはわりとすぐ買っていました。特にセールになっているものは、その時にしかその値段で買えないので、クレジットカードがないと買えないと思っていました。

デビットカードにすると、この思考ではとても買物ができません。

では今どうしているのかというと、物を買っていません。つまり、今までは無理な買い物をしていたのです。その分どうしていたかというと、貯金を切り崩していましたし、食費などをけちって本末転倒の節約じみたことをしていました。

物を買うには予算を組まないと買えないような思考になってしまいました。希望の物を買うために預金をしたり、予算を組んだりすることが面倒になってしまい、その面倒なことするくらいなら、その物いらないや、というくらいの思考になってしまったのです。

結果、クレジットカードを封印することで、家計の実力がわかったのです。浪費していた頃いろいろ買っていたものは今の生活に役立っていることもあり、それについて悔いがあるわけではありませんが、予算を立てて買っていたら、どんなにかすっきりしただろうと思うことが多いです。

クレジットカードを封印してからの変化

1か月目はまだ支払が残っていたのと、クレカを使えなくしたのでかなりタイトな生活となりました。(少し貯金を切り崩しました)

ここを超えると、2か月目、クレカの明細が10万を切ってきて、気持ちが軽くなりました。

3か月目、もう固定費だけになってとてもすっきり。予算に少し余裕ができ、通常の先取り貯金以外にも貯金ができました。

今はコロナ自粛期間。このおかげで使う機会が激減し、貯金ができたともいえますが、支払を翌月に持ち越さないのはとても身軽です。

クレカ支払で毎月少しストレス、という人には絶対おすすめです。

コロナの影響で減収が続きそうという方はなおさら、今、クレジットカードをやめて家計を考え直してみませんか?

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる