家計相談受付中

自転車保険と賠償責任保険

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの常磐麗奈です。

4月から自転車保険加入が義務化となりました。自転車保険か、個人賠償責任保険か、どちらかに加入することが必須となります。今回は、これらの保険に加入する目的と必要性について、お話したいと思います。

目次

「万が一」に備える保険

そもそも保険に入る意味は、「不測の」「万が一の」事態、
「準備できない金額」に備えることが大きな目的といえるでしょう。

どういった事態か・・・

【火災保険・地震保険】
万が一:災害で家がなくなった
準備できないお金:家の再建の費用

【先進医療特約】
万が一:がんでまだ保険適用外の高額な治療を受ける
準備できないお金:一回数百万円の治療費

【死亡保険】
万が一:一家の大黒柱が亡くなる
準備できないお金:今後の生活費数千万円

【個人賠償責任保険】
万が一:子どもが自転車で歩行者にぶつかり、後遺障害を残してしまった
準備できないお金:損害賠償1億円

どの保険も必要かどうか判断する目安としては、

「そのことだけのために貯金できないほど起こる確率が低く、必要な金額が大きい」

ということです。こういう金額に備えるのが保険の大きな役割になってきます。

自転車保険の主な目的

自転車保険義務化の大きな目的は、個人賠償責任保険と同様、他人に対する損害賠償責任に備えるもので、自転車事故でのケガに対するものではありません。

ですから、自転車保険というものか、個人賠償責任保険に入っていればOKです。

自転車保険と個人賠償責任保険

①自転車保険

自転車保険の場合、「自転車に乗っていることに起因する事故」のみの保障になっていることが多く、その分保険料がだいぶ抑えられています。

②個人賠償責任保険

火災保険、自動車保険などの「特約」として付帯することができます。

こちらは、自転車のみならず、日常生活で起きた他人に対する賠償責任を補償するものです。子どもが他人をケガさせた、ものを壊したなどが当てはまります。

こちらのいいところは、示談交渉サービスが使えることです。

自動車保険の特約で、弁護士費用特約がついていることもあります。こういったトラブルが起きたときに、必ず弁護士に依頼すると思いますが、依頼するにはまとまった費用が必要です。その費用を負担してくれる保険です。

保険料は、サービスが増えるほど高くなっていきます。

〇自転車に起因した損害賠償事故

〇自転車以外の日常生活で生じた損害賠償事故

〇その事故を解決するための示談交渉サービス

〇裁判のための弁護士費用特約

重複加入、不加入に注意

個人賠償責任保険は、損害保険、自動車保険など様々な保険に特約として加入することができます。

特約保険料も年間で千円程度と安いことが多いので、入っていることに気づかずに重複して加入していることもあります。(保険金額は合算されませんので保険料だけ無駄になってしまいます)

一方で、加入し忘れていて多額の損害賠償請求をされることになった場合は大変なことになりますので、保険会社を変えるときなどは注意しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる