家計相談受付中

貯めたくても貯められない心理

お金を貯めなければいけないのに、給料前にはいつもカツカツ・・・

貯めたくても貯められない、入っただけ使ってしまう。収入がないわけではないのだけど、なんか豊かさを感じられない、そんな人にちょっと考えていただきたい心理があります。

目次

貯めたくても貯められないのは、欲しいモノが手に入っていないから?

私ゴトですが、キッチンで使っているボウルとざるが、こちら、およそ18年前にバーベキュー用に百均で買ったプラスティックのものです。

これをいつか新調して、素敵なキッチンにしたい、という願いがあったのです。しかし、いつになってもそれを買える余裕が生まれません。もちろん、予算を立てたら買えるのかもしれませんが、そこまで緊急でないからか、なかなか買わないのです。

皆さんも、こんなことないですか?

買えるから買うのか、欲しいから買うのか

そもそも私は、「買えるから買う」という考え方なのだと思います。もっとお金を貯めて、気持ちよくお金が払えるようになってから、いいものを買おうと思っていました。

買うことって手段に過ぎません。私が本当に欲しいのは「素敵なキッチン」であるはずです。なのに、「このくらいの金額で手に入るボウルとざる」を探し、諦めていたのです。

欲しいのはコスパのいい「モノ」ではなく、

素敵な暮らしです。

しかし、こんなことを考えていてもいつまでたっても買えません。どうしてかというと、その前に不本意にお金を使ってしまうからです。

”本当は欲しいのに、妥協して安い物で我慢する”

例えば、12800円のものが欲しいのに、8800円で類似品が売っている。こっちで我慢しようとなった場合、4000円も安く買えて満足でしょうか?

一時的には満足するかもしれませんが、類似品で我慢した記憶だけが残ってしまい、ちょっとした不具合を受け入れるしかない不満の残る買い物となりますので、素敵な暮らしが手に入ったわけではないのです。さらに、その得した4000円は貯金に回したのでしょうか?

きっと、全く記憶に残らない、別の買い物に消えたのではないでしょうか?

”ちょっとしたものに消えていく”

結構買い物していないな、だからこれくらいいいよね、と、つい買ってしまうもの、ありませんか?私だったら、300円ショップで買ってしまうキッチン消耗品でしょうか。

キーワードは

「消耗品」

「少額」

これらは、「必ず使うから」「安いから」という理由で見逃されてしまう浪費です。少額だから、家計簿にも入れないほどで、自分のポケットマネーで払っちゃおうという感じ。

「これくらいならいいだろう」といってごく少額の出費をしてしまうと、浪費へのハードルがぐっと下がってしまいます。これは、家計簿における使途不明金、または浪費が増えるだけで、どうして貯まらないの?の一因となってしまいます。

貯まらない正体は・・・

お金が貯まらない正体は、

本当に欲しいモノを少しダウングレードしてしまったモノへの支払、「消耗品」「少額」などの、必ず使うからといって先に買ってしまう少額のモノへの支払、こういうものが実は貯まらない家計を作っている可能性があります。

先に欲しいものを手に入れて、その後で余裕があったら少額のつまらないものたちを買うようにしてみてはどうでしょうか。まず、欲しくならないとは思いますし、それでも欲しければ、それもあなたにとって必要な消費となることでしょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる